第30回日本抗ウイルス療法学会学術集会・総会開催にあたって

 日本抗ウイルス療法学会(JAAT/The Japanese Association for Antiviral Therapy)は、我が国でウイルス感染症の研究と臨床に携わっておられる方々が一同に会し、臨床と基礎研究の成果を発表・議論する全国レベルの組織でございます。本学会はウイルス病の治療法に関する研究を推進し、知識の交流を通して医学や薬学の進歩に寄与することを目的とし、平成2年に設立された「抗ウイルス化学療法研究会」を前身とします。その弛まない活動は今年で32年を迎えます。

 第30回学術集会・総会は、30年目の記念大会として本来ならば2020年に開催される予定でしたが、2019年末の新型コロナウイルスの世界的流行によりやむなく延期となり、この度、2022年9月15日(木)〜9月17日(土)に京都リサーチパークにおいて開催することとなりました。世界を脅かす新型コロナウイルス感染症、インフルエンザ、HIV感染症、肝炎ウイルス感染症等様々な分野の演題を応募いただき、新しい抗ウイルス薬の創出やウイルス感染症のコントロールの進展のために重要な役割を果たす有意義な大会となりますよう微力を尽くす所存でございます。

 

 臨床に従事する医師をはじめ、医学・薬学分野の研究者の方々など、多くの皆様にご参加いただきますようお願い申し上げます。

第30回日本抗ウイルス療法学会学術集会・総会

              会長 満屋 裕明

   (国立国際医療研究センター研究所 所長)